四輪駆動車のすべてTOP > トヨタ ランドクルーザー > 変遷

変遷について

 
1989年に登場した80系のランドクルーザーでは、先代の60系と比べてボディサイズがひとまわり大きくなりました。これはメインターゲットである、北米市場やオーストラリアでの販売を前提としていたからです。

日本国内に向けては、ガソリンエンジンを使った8人乗りのワゴンと、ディーゼル搭載の5人乗りのバンが用意されました。これまでと違い見栄えが向上して、上等なSUVへと性格が変化したとも言われています。

さらに次の100系では、高級志向がレベルアップをしました。しかし走破性を重視して、前期型に乗り続けているという人もすくなくありません。オフロードにおいては抜群の性能を見せていましたし、キャンピングカーに改造されたものがあったり、その仕様が発売されたりもしました。
 

トヨタ ランドクルーザー記事一覧

世界でもっとも有名なSUV

トヨタはセダンではクラウン、ワゴンではハイエースと日本国内にとどまらずその名を残してきました。そして「世界でもっとも有名なSUV」であるランドクルーザーも、同社から発売されています...

ランクルの歴史

トヨタ自動車の看板車種には、セダンではクラウン、ワゴンではハイエースなどがあります。その中で日本だけにとどまらず高評価を受け、「世界でもっとも有名なSUV」とも言われているのがラン...

種類

ランドクルーザーにはいくつかの種類が存在しています。そのうちの55型から進化したのが、60系です。そして同じ時期に発売していた40系から70系が出てきました。これは24年間という長...

変遷

1989年に登場した80系のランドクルーザーでは、先代の60系と比べてボディサイズがひとまわり大きくなりました。これはメインターゲットである、北米市場やオーストラリアでの販売を前提...

100系から200系へ

1998年の1月には100系のランドクルーザーが登場しました。先代の80系と同じく、バンとワゴンのラインナップが存在しています。その中にはレクサスLX470の国内バージョンもありま...

マイナーチェンジ

およそ50年と言う長い歴史を持つランドクルーザー、通称ランクルは、今現在でもトヨタを代表する自動車のひとつとして、生産がつづけられています。その現役のモデルが200系であり、歴代を...

業務用

自動車は、一般家庭の移動や趣味の乗り物としてだけではなく、業務用としても活躍しています。例えば工事現場などでは、材料や道具などを運ぶトラックが使われたり、怪我人や病気の人を移送する...

世界を代表する車

日本だけにとどまらず世界を代表する車となるには、時間と共に積み重ねてきた知名度の高さがあってこそという人もいます。それを証明しているのがトヨタのランドクルーザー、通称ランクルです。...

防犯

日本の自動車はその技術力や耐久性の高さなどから、窃盗グループに狙われやすいと言われています。そうしてその後、発展途上国や新興国に密輸されて高値で取引されています。高級車はもちろん、...